各種コンサルタント業務 - 補償コンサルタント業務

家屋調査(事前・事後)

  • 建物解体・土木工事・建築工事等によって影響を受けたか否かを判断するため、近隣建物内・外の調査(事前調査・事後調査)を行い、補償額の算定を行います。

  • 工事箇所からの距離・掘削の深さ・地盤の性質・建物自体の経過年数・工法などの条件により、影響を受ける可能性のある範囲と調査内容が変わってきますが、トイレ・浴室等を含めた全室について詳細な調査を実施することによって、工事終了後「工事による影響の有無」について判断するための資料となります。

写真撮影・図面作成による内部・外部の現況(損傷箇所等)を把握します。
  • 家屋の全景写真

  • 外壁の亀裂、浮き、はらみ等

  • 内壁の亀裂、隙間、浮き、はがれ、漏水跡等

  • タイル張り部分の亀裂、破損等

  • 内壁と柱、回縁などとの隙間

  • 柱、床などの傾斜

  • 建具の建付け状況

  • 叩き、布基礎などの亀裂、破損等

  • 建物の沈下、傾斜

  • 屋根の状況

  • 天井の亀裂、漏水跡等

  • 外構(塀、擁壁、門扉等)の損傷

  • その他必要なもの

事後調査において変化があった場合の要因としては一般的に次のようなことが考えられます。

  • 地盤の変動(沈下・移動)による場合

  • 地盤の振動による場合

  • 建物の施工上・構造上の不具合による場合

  • 自然外力(地震・台風等)による場合

  • 人為的外力(作業車両の接触等)による場合

  • 経過年数による場合

ただし、1物件だけで要因・起因を特定することは危険であるため、工事周辺の建物を調査した上で総合的に判断することが賢明かと考えます。

物件補償鑑定調査

  • 主として、公共事業(道路拡幅・公共施設の建設・区画整理等)に伴って、隣接する土地建物の移転等を余儀なく行う事態になったときに、その土地にある財産(建物・工作物・立木等の所有権、賃借権等の所有権以外の権利)の調査および移転方法の検討等を公正に行い、補償額の算定まで行います。

PAGETOP

各種コンサルタント業務 - 都市計画・交通関係調査

再開発・区画整理計画

  • 市街地再開発
    市街地再開発事業における事業計画・建物等の評価・管理処分計画。
    市街地において、都市施設の整備等と一体となった、「良好で活力ある都市環境の創造」へ向かっての新たな都市整備が課題になっています。

PAGETOP

各種コンサルタント業務 - 建物の劣化調査・診断

建物の劣化調査・診断

  • 「建物がどの程度劣化又は老朽化しているか、適切な修繕や改修工事を行なうための指針となるべき診断を行ないます。マンションの場合、大規模修繕工事の2〜3年前の実施がよろしいかと思います。調査は基本的には、現地での目視・打診調査を中心として非破壊又は軽微な破壊調査を行ないます。」 コンクリート躯体の中性化設備配管の腐食状態・閉塞状態をご覧下さい。

PAGETOP

各種コンサルタント業務 - 環境アセスメント関係調査

土壌汚染調査

  • 近年、有害物質による土壌汚染事例の判例件数の増加が著しく、土壌汚染による健康影響の懸念や対策の確立への社会的要請が強まっているなか、当社では土壌汚染対策に伴う地歴及び土壌調査を行なっています。

空気環境調査(ビル衛生管理法による)

  • ビルを取り巻く社会状況の変化や、シックハウス症候群、化学物質汚染、レジオネラ症など新たな問題に対処するため、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」(通称:ビル衛生管理法)の政省令が大幅に改訂・施行(平成15年)されて4年が経過しようとしております。

  • また、その後「健康増進法」の施行や東京都では「受動喫煙防止ガイドライン」が策定されました。当社も、常に変化するこれら社会環境情勢に対応すべく、空気環境調査を行なっています。

大気汚染調査

  • 大気の汚染物質には、二酸化硫黄や窒素酸化物、又社会問題となって久しいダイオキシン類などをはじめ色々な物質があります。

  • 地球環境を健全な状態に保全して将来の世代に引き継ぐことは現世代人の責務であり、自らの社会生活様式を環境負荷の少ない形態に変革させることに積極的に取り組まなければなりません。

  • このようなことから、関連する事業活動には大気汚染調査を実施することは今の時代に必要と考えます。

騒音・振動調査

  • 騒音・振動の発生原因は交通量や工事によるものが多く、近隣とのトラブルに関するニュースが後を絶ちません。

  • 環境への配慮をしながら高度な技術で安全を提供することはもちろん、高まる自然志向へも向けて取り組まなければならないと考え、以下の調査を行なっています。

  • 工事騒音・振動調査

  • 交通騒音・振動調査

  • 室内騒音測定

  • 空気音遮断性能

  • 床衝撃音遮音性能

アスベスト調査

  • アスベストは屋根裏、天井、鉄骨部分に吹き付けてあったり、駐車場、機械室など幅広く使用されています。

  • 板状に練りこんであるなど安定した状態では危険性は低いと言われていますが、経年劣化が進行し、粉塵が飛散する状態になると危険性が増大します。

  • 見た目では判断がつきにくいものです。この際、是非専門調査を。

PAGETOP

各種コンサルタント業務 - 測量業務

用地測量・分筆測量・道路敷地調査測量

  • 用地測量・路線測量その他の測量部門全般を行い、各種台帳の作成、区画整理確定測量、各種環境影響調査等に対応し、各種計画の基礎データの測定を行ないます。

PAGETOP